プリザーブドフラワーでクリスマスリース作りにチャレンジしました!

花を楽しむ

ハロウィンが終わったとたん、心はなぜかクリスマスへ一直線!となってしまうのは私だけでしょうか?

まだまだ早いかとも思ったのですが、一足早いクリスマスのリースを、大好きなプリザーブドフラワーで作ってみました。

リースの写真はクリスマス用の素材として、無料でお使いいただけますよ~♪

 icon-square プリザーブドフラワークリスマスリースの作り方

材料を用意する クリスマスリースを作るために材料を用意するときは、出来上がりのデザインと全体の色合いをイメージして選びます。

今回私が選んだのは、プリザーブドフラワーの有名なブランド「フロールエバー(florever)」の花材です。 主要な花材は、プリザーブドフラワーの専門店「AUBE Preserved International」 から購入しました。

リースのメインフラワーの赤いバラで、フロールエバーの赤は、チェリーレッドという名前です。
色々なサイズがありますが、ベイビーローズかスプレーローズがリースには貼りやすいと思います。

アクセントに選んだのは、ピンクオパールという色のカーネーションです。
ミニサイズを2輪使うか、スタンダードサイズをフェザーリングという方法で2つに分けます。
次は、リース全体に貼るためのアジサイです。
フロールエバーのアンデスアジサイは、花びらのような額の部分が比較的大きくて、パーツを作るのには大きさも適当で使いやすい花材です。
アジサイの隙間に入れ込むアクセントグリーンとして、大地農園のソフトタチカズラを選びました。
タチカズラは先が扇状に開くので、スペーサーとしても使いやすい花材です。
もう1種類アクセントグリーンにしたのは、たまたま家にあった、エバーグリーンという葉物です。
写真のルカスガーデンのような先のツンとしたグリーンでもOKです。
リースのベースは、サンキライなどの市販のリースベースでOKです。
今回は、細いツルがクルクルッとでていてカワイイ、ひげづるリースの13cmにしました。

これ以外に、自宅にあった金のモールや、クリスマスっぽいリボンを使います。

 icon-square 最初にリースに貼るためのパーツを作ります

パーツ_01
パーツ_02

グリーン類をワイヤリングします

アジサイワイヤリングアレンジに使うアジサイは、箱から出し小分にしてワイヤリングをするのが一般的ですが、リースのアジサイは、ガクを1本ずつに分けて、そのガク3輪ぐらいで小さなお花を作るように丸くまとめて、ワイヤリングをしていきます。

タチカヅラタチカズラも小分けをして、コンパクトにワイヤリングしていきます。
アジサイやタチカズラなどのグリーン類は、グリーンの地巻きワイヤーを6等分ぐらいに切った長さでワイヤリングしています。

エバーグリーンアクセントグリーンにする葉物は、エバーグリーンやヘデラ、ユーカリなど、お手元にある物であれば何でもOKです。
大きすぎないサイズを選ぶようにしてください。

花の処理

ローズは軽く開いたものと、そのままのものを取り混ぜて配置するとナチュラルです。

カーネーションまた、カーネーションは小さく分けて、フェザーリングをしてください。

フェザーリングのコツは、写真のようにカーネーションをワイヤーでまとめた後、フローラルテープの片側を伸ばした状態で、小分けにしたカーネーションに額を作るようにしてテーピングすると、花びらが反り返ってこずに可愛いカーネーションになりますよ。

モールまた写真のように、金モールなどをクルクルッと丸めて、下側でワイヤリングをすると、可愛いパーツが完成しますので、お手元にある素材を生かして、オリジナルなパーツを作ってみてください。

リボンリボンは、3ループのフレンチボウにして、横一文字にならないように、丸く形を整えます。

後は、それぞれのパーツをバランスよく配置し、グルーボンドで貼り付ければ完成です。
完成後、グルーボンドの糸を取り忘れないように注意しましょう。

 icon-heart プリザ初心者さん 参考ページ


 icon-square クリスマスリースの無料素材としてお使いください!

できあがったクリスマスリースがこれです♪

クリスマスリース_600
写真加工は上手ではありませんが、画像処理でPNGファイルにしてあります。
リースのみを切り取ったものと、縁取りをつけたものの2種類を作りましたので、よろしければお使いください。
クリスマスリース_600_futi

ピックアップ記事

関連記事一覧