尿失禁や頻尿などの尿トラブルに要注意! 骨盤底筋とテストステロンが予防・改善の鍵だった

早く行かなきゃおしっこ漏れちゃう!
テレビで話題の健康情報

30歳を過ぎた女性の3人に1人が経験している、若くても油断できない尿トラブル。
ほとんどの人が、尿トラブルは加齢のせいだと思いがちですが、実は放っておくと危険です。

2015年4月27日の【主治医が見つかる診療所】では、そんな尿トラブルを予防・改善して、健康寿命を延ばす方法が、放送されていましたのでまとめました。

 icon-square 尿トラブルは恥ずかしがって放っておくと本当は怖い病気かもしれない

ちょっとした刺激や力のかかり具合で、おしっこをちびってしまうなどの尿トラブルが、最近多いと感じている方は注意が必要です。

尿トラブルもひどくなると、出かけられないほどの頻尿や、突然の血尿、また夜間頻尿では、骨折・脳疾患・心疾患などで、死亡リスクが2倍以上などという、恐ろしい事態にもなってしまいます。
健康で長いきするためにも、そんな尿トラブルを予防・改善する必要があるのです。

 icon-square 尿トラブルの主な症状

一つは、自分の意思とは関係なく尿が漏れてしまう【尿失禁】で、もう一つは1日に何度もトイレに行く【頻尿】です。

尿失禁

出産女性に多い尿失禁のきっかけは出産で、出産によって尿道を支えている骨盤底筋が傷つき、緩んでしまうからです。

骨盤底筋とは、膀胱や子宮、直腸などを支えるインナーマッスルです。
また、尿道や肛門を閉めたり緩めたりするのも骨盤底筋です。

骨盤底筋が傷ついたり緩んだりすると、尿道が大きく下がってしまい不安定な状態になり、そのため咳などによりお腹に衝撃が加わると、尿道が揺れて尿が漏れてしまう尿失禁が起こります。
さらに加齢によって、骨盤底筋が弱まるため、緩みが進行して症状が悪化することもあります。

また骨盤底筋は、出産だけではなく、加齢や運動不足、性ホルモンの低下などでも緩んでしまうのです。
骨盤底筋が緩んでくると、膀胱が支えられなくなり、膀胱や尿道が通常の位置から下がるため、年齢・性別に関係なく尿トラブルを起こすことになってしまいます。

失禁は病気だということを意識して、尿トラブルが起こったら、病院に行くようにしましょう。

頻尿

二つ目の【頻尿】の大きな原因の一つは、やはり骨盤底筋の緩みです。
運動不足などで骨盤底筋が緩み、膀胱が支えられなくなって落ちてくると、膀胱の下にある尿意を脳に伝えるセンサーが誤作動をして、水の冷たさなどの刺激により、尿が溜まっていなくても、急な尿意を感じてしまうのです。

頻尿女性の場合は加齢による閉経により、男性よりも尿道が短いので、尿トラブルが出てくるのです。
さらに、女性ホルモンがなくなる上に運動をしなくなり、出産時に切れたりした骨盤底筋の周りが緩んできて、膀胱が落ちてきてしまい、尿意センサーが誤作動して頻尿になることもあります。

膀胱を支える骨盤底の筋肉や尿道の筋肉は、一度損傷すると元には戻らないのだそうです。
若い頃は、骨盤底筋が切れても、切れていない周りの筋肉が支えてくれるので、その周りの筋肉を強くすることで、頻尿などを回避できます。

ひどい尿トラブルは、骨盤底筋の緩みをとり、膀胱の位置を元に戻す手術などで治せます。

また、女性ホルモンは潤いホルモンと呼ばれているが、閉経によりそのホルモンがなくなると、乾燥性の皮膚炎、乾燥性結膜炎、乾燥性口内炎、乾燥性膣炎などがおこりやすくなります。
乾燥性膣炎の雑菌が膀胱に入り膀胱炎になるので、トイレが近くなるという結果になってしまう場合もあります。

自分が尿トラブルを起こすかどうかをチェックしてみよう

下記の表では、自分が当てはまる項目が幾つあるか、又、その項目の点数が何点かを集計して、点数が高いと尿トラブルを起こす可能性が高いということが分かります。

項目 内容 点数
1. デスクワークが多い 1点
2. 猫背である 1点
3. 運動不足である 1点
4. 便秘気味だ 2点
5. おしっこをしたときパンツが濡れることがある 3点
6. おしっこが長い、又は切れが悪い 3点
7. いきんでおしっこをしている 3点

尿トラブルになりやすい理由としては、【1】~【3】の項目では「運動不足」が主な原因です。
運動不足とか姿勢が悪いと、骨盤の位置が正しい位置からずれてきてしまいます。
そうすると骨盤周りの血流が悪くなって、骨盤底筋が緩んでしまうのです。

次に【4】の場合では、骨盤底筋が緩むと腸の位置も悪くなってしまい、腸が機能不全を起こして、便秘になる方もいるのです。

【5】の場合では、骨盤底筋が緩むと膀胱の形が悪くなってきて、尿道の動きが悪化することで、尿をすべて出し切れずに尿失禁が起こってしまうのです。

また【6】【7】の場合は、骨盤底筋の萎縮などで、尿道が狭くなっていることが考えられ、膀胱になんらかの異常がある可能性もあるのだそうです。

♥ 次ページへ続きます……

ピックアップ記事

関連記事一覧