ダイエットにも効果的!梅干しパワー7つの秘密で猛暑の夏を乗り切る方法 Vol.2

梅の糖尿病予防効果
テレビで話題の健康情報

梅干しパワー7つの秘密で猛暑の夏を乗り切る方法 第2弾!
お家にある梅干しで元気を取り戻していただけるよう、梅干しには糖尿病予防効果があるということをまとめていきます。

 icon-square 梅干しパワー2 梅干しには糖尿病予防効果あった!?

なんと梅干しは食事の前に食べると、血糖値の上昇を抑えてくれるというすごいパワーがあったのです!

梅干しは血糖値の上昇を抑えるすごいパワーを持っていた!

そもそも血糖値とは、食事に含まれる糖質が、胃や腸から血管に吸収されて高くなります。
そのため、糖質を取り過ぎると血糖値が急上昇して、血管がダメージを受け血管が老けることにより、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高くなるという、とても怖い病気が糖尿病です。
そこで食事の前に梅干しを食べておくと、梅干しの成分「オレアノール酸」が、糖質の吸収を抑えてくれる!ということがわかったのです。

梅干しの糖尿病予防効果オレアノール酸は、糖質の吸収を助ける酵素の働きを抑制する働きがあります。
その結果、糖の吸収をゆっくりにするため、梅干しは食前に食べる方が効果が高いということなのです。
しかし、食後に食べても悪いわけではないのでご安心くださいね。

それでもできるだけ効率よく梅干しのパワーを取り入れるためには、梅干しを朝ご飯に食べるとより効果的だそうです。
しかも、ご飯のお供だけではなく、パスタソースなどにしてもいいし、甘いものと一緒に梅干しを食べても効果は変わらないそうです。

 icon-square 梅干しパワー3 梅干しにはダイエット効果あった!?

梅干しには、糖質の吸収を抑える働き以外にも、ダイエットのためのすごいパワーがあったのです!

梅干しには、脂肪を燃焼させるすごいパワーがあった!

梅干しのダイエット効果番組では、食事制限をしながら、和食中心の食事に変更し、1日2個(朝食と昼食に1コずつ)梅干しを食べて、4ヶ月で14kg減量した!という、講師の宇都宮先生の実話を紹介していました。

実は、梅干しには糖の吸収を抑えるオレアノール酸の他に、「バニリン」という成分があります。
そのバニリンは脂肪を燃焼させ、より小さくする働きをしてくれます。
なんと。ダイエットオタクの私には、目から鱗のうれしい情報ではありませんか!! ^^;

しかも、梅干しを加熱すると、バニリンが1.3倍になるのです!
加熱方法としては、焼いても電子レンジで「チン」しても、脂肪燃焼効果のあるバニリンは1.3倍!
梅干しは火を通すことで、よりおいしくなり、しかも脂肪燃焼効果UPが期待できるすごい食材だったのですね。
梅干しは、蜂蜜漬けの梅でも塩漬けの梅でも、またかつお梅でも同じ効果があるということで、すべてOK icon-music 
早速ネットで、味が選べる梅干しのお試しセットを買っちゃいました~ icon-shopping-cart 
 icon-external-link 【紀州梅干し専門店 福梅本舗】2種類から選べる送料無料お試しセット

 icon-comment Kazuちゃんのつぶやき……

なんと今年は、数十年に一度と言われるほどの豪雨になって、七夕の今日も日本列島を雨雲がすっぽり覆っていて、各地で甚大な被害が出ているようです。
まだまだ大変な雨が予想されていますので、十分気をつけてくださいね。
できるだけ外出を控えて、梅干しご飯でダイエット!

ピックアップ記事

関連記事一覧