【保存版】 温泉効果で血管を若返らせる秘密の方法!

温泉 若返り 高血圧 血管 健康
覚えておきたい健康情報

おばちゃんといえば、健康オタクで温泉好き♪
ビートたけしさんの健康番組【みんなの家庭の医学】で、「温泉で血管が若返る!」「糖尿病が改善する!」という内容が放送され、おばちゃんの耳がピピッと反応!
温泉に入って、どうやって血管を若返らせるのか興味津々です^^

 icon-square 入浴するだけでOK!血糖値を下げて血管を若返らせる温泉の泉質とは?

2014年6月、32年ぶりに【鉱泉分析法指針】が改正されて、温泉効果を表記する「温泉分析書」の表記内容が改訂されました。

それにより、 禁忌症及び入浴又は飲用上の注意なども改正されて、医学的根拠に基づき、温泉の効能がたくさん証明されてきました。

そもそも血管が老化する原因は?

温泉 若返り 高血圧 血管 健康
歳をとるにつれて血管が硬くなる動脈硬化になりやすくなりますが、急激に動脈硬化を進めてしまう原因となるのが、高血圧と糖尿病(血糖値)です。

高血圧や糖尿病によって血管に負担がかかると、血管の細胞が傷つき、血管内にある動脈硬化を防ぐ働きが悪くなります。

特に、糖尿病では血糖値が高くなると、血管内に溢れた糖分が、血管にダメージを与えてしまうため、動脈硬化が促進されてしまいます。

動脈硬化は、脳梗塞や心筋梗塞の引き金になる可能性があります。

血糖値を下げて血管を若返らせる温泉の泉質は【酸性泉】だった!

温泉 若返り 高血圧 血管 健康
入浴するだけで血糖値を下げて、血管を若返らせる泉質は、「酸性泉」なのだそうです!

酸性泉とは酸性度(PH3未満)の強い温泉のこと。

温泉大国日本にも、超有名な酸性泉がありますよね♪

青森県の八甲田温泉や、栃木県の那須塩原温泉は酸性泉です。

炭酸泉は、殺菌力が強いので、アトピー性皮膚炎などに効果が高いといわれています。

また、入ると肌にピリピリした刺激がありますので、肌の弱い方は温泉やけど(炎症)などに注意が必要です。

なぜ酸性泉に入ると血糖値が下がるの?

温泉 若返り 高血圧 血管 健康
通常は血糖値が上がると、すい臓からインスリンが分泌され、糖分を筋肉や臓器に運んでエネルギーとして利用します。

そのため、血液中の糖分が体に取り込まれるので、血糖値が常に一定に保つことができます。

酸性泉のお湯は地中から湧き上がるとき、岩石などを溶かす力が強く、さまざまな成分がそのお湯に溶け出しています。

その成分の中でも、特に血糖値を下げる効果の高い物質、亜鉛やマンガンなどが多く含まれているのです。

それらは皮膚から体内に入り込み、すい臓へ届きインスリンの作用を高める働きを助け、血糖値を下げる効果があるといわれれいます。

しかし、酸性泉は湯あたりを起こしやすいので、入浴するときには注意が必要です。

温泉の成分が体にしみこむ程度の時間で、1回5分ぐらいの入浴時間がオススメです。

 icon-square 自宅でできる温泉療法【血管若返り入浴法】

キーワードは「血流アップ」

温泉 若返り 高血圧 血管 健康
そもそも、血糖値が高いということは血液が濃い(どろどろとした血液)ということです。

これは高血圧の人にもいえることで、血管に何らかの原因で圧力が多くかかっている状態、いわゆる血管が狭まくなっている状態です。

それを解消するためには、体を温めることが有効で、入浴により体が温まると血管が開き、その結果血液はさらさらと流れるようになります。

そうすると血液が体の隅々まで行き渡り、糖分が筋肉や組織などに取り込まれることで血糖値が下がり、また血管の圧力が下がり、高血圧も改善されます。

血圧や血糖値を下げるためには、お風呂で血管を拡張させる事がとても大切なのです。

 icon-square 自宅のお風呂で血流アップ効果を高める入り方

その1 水圧のかからない入り方をする

入浴で全身にかかる水圧は、なんと5~600kgにもなります。

入浴直後は、この大きな水圧が体に作用して、末端の血管は収縮してしまいます。

そのため、末端の血流が悪くなり、糖分を隅々へ運びづらくなってしまうのです。

水圧を軽減するには、洗面器を裏返して浴槽の下に置き、その上に座る方法などがあります。

その2 リラックスできる入り方をする

人はリラックスすると副交感神経が優位になり、血管が拡張します。

自宅でのお風呂の温度は、40~41度が適温だといわれれいます。

また、入浴時間も15分以内を目安にして、おでこに汗をかいてきたり、心臓の鼓動が早くなってきたら、無理をせずに「すぐに出る」ようにしましょう。

 icon-comment Kazuちゃんのつぶやき……

自宅で温泉療法

それにしても、温泉に入って血管が若返るとは……

おいしすぎる!

By kazu

ピックアップ記事

関連記事一覧