母の日の贈り物に大人気のプリザーブドフラワー人気ブランドのまとめVol.2

プリザーブドフラワー
花を楽しむ

プリザーブドフラワーブランドのまとめ第2弾は、人気の老舗のブランドと、新しくこの業界に参入してきたブランドのご紹介です。

 icon-square Kazuちゃん的プリザーブドフラワーランキング2♪

ヴェルディッシモ -VERDISSIMO-

verdissimo

まずトップバッターは、老舗中の老舗、1988年フランスパリで創業したVERDISSIMO。
また1991年にプロバンス地方に移転して新工場を構え、エクアドルにも生産工場を持つ大手のメーカーです。
ブランド名も社名と同じVERDISSIMOです。
また、プリザーブドプランツの生産から始まった会社なので、輸入こそされてはいませんが、その数は100種類以上のラインナップを誇っています。

ヴェルモント -Vermont-

velmont

このブランドも超老舗のブランドで、日本のプリザーブドフラワーはVermontから始まったといっても過言ではないほどです。
専属デザイナーがお花業界では知る人ぞ知る「クリスチャン・トルチェ」さんで、日本にプリザーブドフラワーアレンジを広めるのに大変貢献されました。
日本でもアレンジメントショーなどを行っていらっしゃいますね。

プリマヴェーラ -Primavera-

primavera

ラテン語で「春」という意味のプリマヴェーラは、なるべく漂白技術に頼らず、深みのある色褪せのしづらいシックな色合いをポイントに開発された新しいブランドです。

アモローサ -AMOROSA-

amorosa

大輪の高級ローズとして業界の話題をさらったアモローサは、スペイン語で「愛」という意味のローズです。
大輪のローズは直径約9~10cmもあり、圧巻の大きさです。
さらに、バラの女王といわれているオールドローズのプリザーブドフラワーもあるんです。

プロヴァンス -Provense-

amifa

プロバンスローズは太陽の国エクアドル産のプリザーブドローズで、お色のラインナップもとても多くて、なんと32色もそろっています。
ワイヤリングが苦手な方でもアレンジがしやすいように、バラの茎(ステム)が長いのが特徴のプリザーブドローズです。

 icon-comment Kazuちゃんのつぶやき……

こうしてみると、本当にプリザーブドフラワーのブランドが増えたんだな~っと、改めて感心してしまいました。
どのお花を使うか本当に迷ってしまいますね。
花の形や触感など、ご自分の好みで選んでみてくださいね。
ちなみに私がよく使うプリザーブドフラワーのブランドは、フロールエバー、ロザビー、プリザービングなどです。

ピックアップ記事

関連記事一覧