お風呂に入るとき声を出すと突然死が予防できる?

お風呂で声を出す
暮らしの雑学

いつの番組だったか……お風呂に入るときに声を出すと、突然死が予防できるという情報が!

 icon-square どうして声を出してお風呂に入ると突然死予防になるの?

寒い時期などは、ついつい熱いお風呂に入って暖まりたいものです。
でも、それが突然死につながる可能性があるなんて……

というのも、熱めのお風呂に入ると自然に身体に力が入り、交感神経が高まります。
そうすると、血圧が急に上昇して、血液を送り出すために働いている、心臓や血管に負担がかかります。

そんなとき、ちょっと親父っぽいけれど、「ふぅ~」とか「あぁぁ~」とかの声を出して、息を吐きながら入ると、血圧の上昇を抑えられるため、突然死の予防になるそうなんです。

お風呂グッズちなみに、血管に負担のないお風呂の温度は38度。
冬ならちょっとぬるい気がしますよね。
でも、熱いお湯のお風呂だと刺激が強くて、かえって血管が縮むんだそうです。
特に冬など脱衣所が寒くてお風呂が熱いと、血管に負担がかかるのです。

人の血圧は身体に受ける温度差で変動をします。
血圧が激しく上下すると、どうしても血管に負担がかかり血圧が上昇してしまいます。
そうなると、心筋梗塞や脳梗塞などの、突然死の引き金となる可能性が高くなってしまうのです。

特に冬などは対策として、脱衣所に暖房器具などを置いて、家の中の温度差をなくすことを心がけるようにしたいものです。

お風呂でダイエット私も熱いお風呂って好きなんですけどねぇ~♪
それでもダイエットなども意識して、少しぬるめのお風呂に、漫画本などを持ち込んで、ゆっくり入ってリラックスしています^^

ピックアップ記事

関連記事一覧