顔のぽつぽつに悩んでいる人必見!春に急増中の危険なぽつぽつの意外な犯人とは!?

顔のポツポツ
テレビで話題の健康情報

この季節、あるものが一番できやすいのですが、そのある物のために多くの人が悩んでいるそうです。
そこで、世界一受けたい授業でも取り上げられていた、最近若者にも急増中の、「ぽつぽつの正体」をまとめました!

 icon-square この時期に注意が必要な顔のぽつぽつは、実は○○が原因だった!?

顔のぽつぽつの原因はいったい何なの!?

顔のかゆみ今の季節は、紫外線が多く、皮脂量が増えるため肌のダメージが大きくなることで、ぽつぽつができやすくなります。
紫外線を浴び、肌が老化することでできる、脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)は、実はとても怖い病気のサインかもしれません。

脂漏性角化症とは、「年寄りイボ」とも呼ばれ、年齢を重ねると私たちの皮膚に現れます。
40代くらいからでき始める人が多く、60代で80%、80代になると100%の確率でできます。
最近では20代の若者でも、脂漏性角化症に悩む若者が増えて来ています

これは、顔だけでなく身体にもできますが、かゆみがある場合は、注意が必要です!
内臓の悪性腫瘍や、胃がんの可能性もあるそうです!!

脂漏性角化症を防ぐには、日中日傘を差し、紫外線に当たらないようにすることが大切です!
外出をするときは、必ず日焼け止めを使用する様にしましょう。

日焼け止めにもいろいろな種類があります。
選ぶ場合は、2013年から解禁になった、PA+~PA++++などの表記を確認して、生活のシーンにあった日焼け止めを選んでください。

主婦の方でも、洗濯物を干したりお買い物に出かけたり、日光に当たる機会がとても多いので、出来れば紫外線防止効果の高いPA++++の日焼け止めで、シミやソバカスの原因をシャットダウンする必要がありますね。

私が使っているのは、日焼け止め効果以外でも美容液効果(保湿効果)の高い日焼け止め「美白化粧品ホワイティシモ美白化粧品ホワイティシモ」です。
私は虫がとても苦手なので、虫が嫌うナチュラルハーブの香りで、虫除け効果があるこの日焼け止めがとても気に入っています♪


日焼け止めホワイティシモ

薬を塗っても治らないぽつぽつの意外な原因は、女性ならではの病気だった!

皮膚のポツポツの原因は、脂漏性角化症以外にもあって、皮膚の状態から思わぬ病気を発見することができます。
例えば、薬を塗っても治らないニキビを患っていた30代の女性は、ニキビから多のう胞性卵巣症候群(たのうぼうせいらんそうしょうこうぐん)を発見することができました。

多のう胞性卵巣症候群とは、卵子が排卵できずにたまってしまう状態です。
血中の男性ホルモンが増加することで起きると考えられています。
そのため、生理不順がある方は要注意です!!
薬を塗っても治らないニキビやぽつぽつに悩んでいる方は、皮膚科に行ってみてもらいましょう。

 icon-square 最近若者に多いぽつぽつの意外な犯人が明らかに

20代・30代の若者に急増中のぽつぽつの原因は……

20代・30代の若者に急増中のぽつぽつ……
その正体はなんと、ニキビだったのです!!

ニキビの正式名は、尋常性痤瘡(じんじょうせいざしょう)といい、肌の一部が炎症を起こしている状態のことです。

毛穴には皮脂腺があり、皮脂腺からは皮脂が分泌され、肌を潤していいますが、寝不足やストレスなどのホルモンバランスの乱れが、毛穴をつまらせ皮脂をためてしまいます。
これが、白ニキビの正体です。

毛穴にたまった皮脂には、皆さんもご存じのアクネ菌が増殖します。
アクネ菌の増殖によって、白かったにきびは赤色のニキビに変化します。
ニキビは、毛穴がつまった状態で炎症を起こしていますが、これがぱんぱんになり限界に達すると、破裂し二度と元には戻りません。

ニキビの驚きの原因

ニキビ実は、ほおづえはニキビの原因になるそうですよ!
ほおづえをついたり、ほほやあごを触ることで、肌が刺激されて毛穴が詰まり、ニキビの元ができます。
ニキビを作らないためには、顔を極力触らないように注意が必要です。
薬の効果が実感できないという方は、無意識に顔を触っているかもしれません。

そして、私たちが普段使っている、タオルも使い方次第ではニキビの原因になってしまいます。
タオルの繊維は顔に付いたまま残ると、肌を刺激してニキビの原因になってしまいます。
特に使い古したタオルを使うのは避けましょう。

やっぱりコラーゲン

最近の女性はコラーゲンを2gしか取っていないという、驚きの調査結果がでました!

鮭のコラーゲンコラーゲンは、1日5g以上を取るよいといわれています。
コラーゲンは肌のつやや、水分量を維持し肌の健康につながることが、最近の研究で明らかになっています。
特に手羽先や鮭、しらすにはコラーゲンが豊富に含まれています。

しかし、魚の皮などをはいでたべたり、コラーゲンの多い食事を食べることが少なくなたことが、コラーゲン不足の原因になっているそうなので、意識して摂取しないといけませんね!!


 icon-comment Kazuちゃんのつぶやき……

名古屋人の私としては、コラーゲンといえば【手羽先の唐揚げ】でしょう!^^
せっせと手羽先を食べなくちゃ♪
もちろんビールを片手にですね~って、太っちまうがなぁ~!!

ピックアップ記事

関連記事一覧