熱中症や夏バテに負けない体に必要な水分補給のポイント Vol.3

熱中症対策の水
覚えておきたい健康情報

今日も39度越えが予想されている名古屋市ですが、全国的にどんどん気温が高くなってきて、空港の滑走路でも穴が開くほどとか…
そんな猛暑日を乗り切るために、夏ばてと水の関係についてまとめました。

 icon-square 夏バテの3大原因を理解しよう

そもそも夏バテとは、夏の暑さが原因で起こる体の不調で、「だるい、眠れない、食欲がない」などに代表される諸症状のことを「夏バテ」と呼びます。

夏バテの3大原因その1.自律神経の失調

夏バテ夏の自律神経の失調は、主に冷房が大きな原因です。
冷房が効いた室内の冷気と、外に出たときの熱気との急激な温度差が、繰り返されることによって、この温度差に体がうまく対応できなくなります。

すると自律神経がその対応に疲れてしまい、正常に機能しなくなってしまうのです。

この状態がひどくなってくると、頭痛やめまい、食欲不振などが起こります。

夏バテの3大原因その2.水分の不足

私たちの体は、夏の暑さで上がってしまう体温を下げるために、大量の汗をかきます。
高温多湿の日本の夏では、軽い作業をしているだけでも2~3Lの汗をかくといわれています。
そのため体内に水を循環させるためには、これを補うだけの水分が必要となってきます。
しかし、十分な水分の補給が行われないと、体の水分バランスが崩れて、血液中の水分に悪影響を及ぼします。
その結果、頭痛やむくみ、下痢や嘔吐といった症状を引き起こしてしまいます。
特に今年のような猛暑が続く日は、十分に意識して水分を取り入れるようにする必要があります。

夏バテの3大原因その3.胃腸の働きの悪化

今日のような暑い日には、冷たいジュースやビールがつい飲みたくなってしまいます。
しかし、冷たい飲み物をガブ飲みすると、胃腸の働きを弱めてしまう原因になります。
急激に胃腸の温度が下がってしまい、消化吸収がうまくいかなくなってしまうからです。

夏バテとアイスクリームすると栄養が吸収しにくくなってしまうので、エネルギー不足に陥り、慢性的にだるくなってしまうのです。
暑いからといって、つい手が伸びてしまう、冷たいジュースやアイスクリーム、食欲がないからといって食べる冷たいそうめんなどは、夏バテをいっそうひどくする可能性もあります。

そのため十分気をつけて、適度に取り入れるようにしなくてはいけませんね。

 icon-square 夏バテになりやすい人の条件

亡き私の父は夏男で、夏と聞いただけで食欲全開、元気いっぱい釣りに出かけていける人でした。
しかし私は昔から暑さが苦手で、夏と聞いただけでやる気がなくなるほどです。
世の中にはそういう私と同じように、夏の気配を感じるだけで、やる気が減退したり、食欲不振になったり、だるくて夜眠れなくなってしまう人がいるようです。

夏バテになりやすい人その1.日頃から自律神経が失調ぎみな人

自律神経は、内臓の働きのバランスをとったり、発汗のコントロールをするなど、体にとって大切な神経です。
ところが、暑さによる室内外の温度差によって、自律神経が正常に動かなくなり、栄養吸収や発汗機能がうまく働かなくなってしまい、夏バテの症状が出てしまうのです。
自律神経が失調気味な人は、体温が普段から低いという説もあるようです。

子どもの低体温症体温が低い人が、すべて自律神経失調症という訳ではありません。
しかし最近は元々体温の高い子ども達でも、低体温で朝起きるのがつらいとか、頭が痛い、体がだるいなどの、自律神経失調症の症状を訴える子どもが増えているといいます。
そんな症状を予防するためにも、規則正しい生活やバランスのよい食事をとるように心がけたいものです。

夏バテになりやすい人その2.能動汗腺が退化している人

私たちは、体を動かすと汗をかきます。
それは、汗が体温調節の大切な役割を持っているから。

私たちの体の中には、汗腺が300~400万個あるといわれていますが、そのうち実際に汗をかくために活躍している汗腺(能動汗腺)は、なんと半分なんだそうです。
しかもその汗腺は、冷房の普及によって汗をかく機会が少なくなり、どんどん退化していってしまうのです。
そうすると、夏暑くても汗をかくことができにくくなる傾向にあるのです。

汗を上手にかけないと、暑さに弱くなり、冷房を強くして、より能動汗腺が退化するという、悪いサイクルができあがってしまいます。
暑くてもこまめに体を動かす機会を作って、能動汗腺を活性化するように心がけたいものです。

そして、必ず水分の補給をまめに行って、体の中の水の循環をよくすることを忘れないようにしましょう!

【PR】  icon-external-link お水はもう買わない!自宅で造るおいしいお水【ウォータースタンド】

 icon-comment Kazuちゃんのつぶやき……

花火大会とビール本当に夏は昔から苦手な私ですが、夏のおまつりや花火大会、冷たいビールは大好きです!
屋台のイカ焼きを片手に持って、冷たいビールを飲みながら見上げる花火、夏ならではの風景ですね~
なんのこっちゃ??

P.S 熱中症予防のためには、ビールは水を飲みながら(飲む前でもOKよ!)飲みましょう!

ピックアップ記事

関連記事一覧