ハグする機会が多い人ほど風邪を引きにくい!?

ハグすると風邪を引きにくい
テレビで話題の健康情報

やっと桜もちらほら咲き始めて、少しずつ暖かくなってきた今日この頃。
それでも時折の桜散らしなどという寒い日があったりすると、つい油断して風邪を引きやすくなってしまいますよね。

 icon-square 男性にとってうれしい風邪予防

ハグする人は風邪を引きにくいサイコロジカル・サイエンス誌で発表された研究結果によると、日常生活の中で誰かとハグする機会の多い人ほど、風邪をひきにくいという結果が出たそうです!

成人400人を対象に行われた研究では、数週間にわたり私生活において、日中緊張したことがあるか、ハグする機会や頻度について研究者に報告し、ハグの回数が多い被験者ほど、風邪を引くことが少なかったそうです。

好きな人とハグすることによって、親和性ホルモンであるオキシトシン(愛情ホルモン)の分泌が高まります。
好きな人とハグすることによって安らぎが得られ、心に影響を与えて体質改善ができて健康になり、風邪を引きにくくなるそうです。

さらにおどろきなのは、自分のことを風邪を引きやすいなどの「病気がち(不健康)」だと思う人は、自分のことを健康だと思っている人より、死亡リスクが2.2倍になるというデータもあるそうです。
そんなことにならないように、家族や恋人やお友達のように、大好きな人とハグをいっぱいすることで、心も体も健康になりましょう!

ピックアップ記事

関連記事一覧