ハロウィンパーティーを10倍盛り上げる楽しみ方を探そう♪

ハロウィン
季節を楽しむ

10月といえば、仮装が楽しいハロウィンの季節です。
今や日本中ハロウィンイベントが盛りだくさんで、街中がオレンジや黒などのハロウィンカラーであふれています。

 icon-square そもそもハロウィンってどんなイベントなの?

今や誰もが知っているハロウィンも、実際どんなお祭りなのかを理解している人は少なそうです。
かくゆう私もその一人で、ハロウィンイベントは大好きですが、いったいハロウィンっていつから始まったどこの国のお祭り?と聞かれると、???状態になってしまいます。

そこで、ウィキペディアで調べてみました。

ハロウィン、あるいは、ハロウィーンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。
もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカで民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。
カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。

ハロウィンといえばカボチャのお化けは有名ですが、古代、中央アジアから戦車や馬車に乗って、ヨーロッパに移動してきたケルト人の文化は、今もアイルランド・スコットランド・ウェールズ・ブルターニュ等に残っているといわれています。

ハロウィンケルト人の1年の終わりが10月31日で、夏が終わり冬が始まる時。
その時期には、死者の霊が家族を訪ねてくるといわれていました。
その同じ時期に現れてくる、悪霊や魔女から身を守るために、仮面をかぶり魔除けのたき火をたいたのです。

そのことにちなんで、今でもカボチャをくりぬき、その中にローソクを立てた「ジャック・オー・ランタン」を作り、子供達が魔女やお化けに仮装をして近くの家を「トリック・オア・トリート(Trick or treat.)」「お菓子をくれないと悪戯するよ」と歩いて、もらったお菓子を持ち寄りハロウィンパーティーを開いたりするのです。

ハロウィンとキリスト教の関係は?

ちなみにハロウィンには、今は宗教的な意味はあまりないようです。
また、ハロウィンを大々的に行っているのはイギリス圏の人々で、特にケルト人の国だったアイルランドでは、ハロウィンの習慣が色濃く残っていて、「ハロウィン休暇」などもあるそうです。
逆に、ハロウィンがキリスト教由来の行事ではない理由から、ハロウィンを行わないようにと通達を出している学校もあるといいます。

 icon-comment Kazuちゃんのつぶやき……

今年の夏は色々あって、気がついたらもう秋……
大好きなハロウィンやクリスマスに向けて、まいちゃれも再稼働です!

ピックアップ記事

関連記事一覧