妊婦さんに必要不可欠な葉酸とは? 元気な赤ちゃんに会うための効果的な葉酸の摂取方法

妊娠 葉酸 効果
覚えておきたい健康情報

ここ数年で鉄分やカルシウムのほかに、「葉酸」が妊娠・授乳期に不可欠な栄養素として、注目されるようになりました。
しかし、葉酸を意識して摂取する方は、まだまだ多くはありません。
今回は葉酸にスポットを当てて、効果的な摂取方法について考えていきたいと思います!

 icon-square 妊婦さんに必要な葉酸の効果とは?

葉酸ってなに?

妊娠 葉酸 効果葉酸といえば、妊婦さんに必要な栄養素として、話題になっていますよね!
葉酸は、ビタミンB群の水溶性ビタミンで、枝豆やモロヘイヤなどの緑黄色野菜や果物、豆類、レバーにも多く含まれています。
葉酸は細胞分裂を活性化させる、赤血球の細胞を生成するなどの働きがあり、「血をつくるビタミン」とも言われる大切な栄養素です。

葉酸が多く含まれる野菜と果物
野菜:モロヘイヤ・枝豆・ほうれん草・ブロッコリー
果物:イチゴ・バナナ・みかん・キウイ

妊娠中に葉酸が必要な5つの理由

イギリスの研究チームによって、葉酸が神経管閉鎖障害の発症を軽減する効果があることが証明されてから、葉酸は特に妊娠初期に摂取することが推奨されています。

妊娠 葉酸 効果妊婦に葉酸の摂取が推奨される5つの理由

 icon-heart-o 胎児が神経管閉鎖障害を発症するリスクを減らす
 icon-heart-o 流産や死産のリスクを軽減する
 icon-heart-o 悪性貧血を予防する
 icon-heart-o 免疫機能や消化管機能を健康的に保つ
 icon-heart-o 動脈硬化を予防する

葉酸は妊娠しやすい体になる!?

葉酸は妊婦さんだけでなく、妊娠できる年齢になったら、意識的に摂取するとよい栄養素とも言われています。
18000人以上の女性を対象に行った調査では、葉酸を十分に摂取している人の方が、妊娠の確率が高いことがわかりました。
葉酸を含むマルチビタミンを摂取している女性は、排卵障害のリスクが40%低かったそうです!!

 icon-square 妊娠中に必要な葉酸の摂取量はどのくらい?

妊娠中は葉酸の摂取量が通常の倍です!

厚生労働省が発表している食事摂取基準では、成人女性が1日に必要な葉酸は240μgです。
しかし、妊娠すると体内や胎児の発育に大量の葉酸が使われるため、妊娠前の倍の量の480μgの葉酸の摂取が推奨されています。

また、妊娠の1カ月前から妊娠3カ月までの妊娠初期の間は、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減らすため、400μgの葉酸をサプリメントなどから摂取することが推奨されています。

1日の葉酸摂取量

15歳以上の成人男女:240μg
妊婦:400μg
授乳婦:280μg

厚生労働省「第六次改訂日本人の栄養所要量」より
μg(マイクログラム) 1μgは0.001グラムです。

葉酸を効率よく摂取するためには

100g中に300μgの葉酸が含まれるたたみいわしは、手に入りやすくて、おやつ代わりに食べられるので妊娠中にはおすすめです。
また、焼きのりには100g中1900μgの葉酸が含まれており、のり一食分は3gですが、それだけで約60μgの葉酸がとれます!
しかし、食材だけではなかなか妊婦さんに必要な400μgを摂取することができません。

妊娠の1カ月前から妊娠3カ月までの妊娠初期の間は、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減らすため、400μgの葉酸をサプリメントなどから摂取することが推奨されています。

妊娠 葉酸 効果私のおすすめは、2015年のモンドセレクション金賞を受賞した、今一番人気といわれているベルタ葉酸です。

ベルタ葉酸には、葉酸だけではなく、妊活・妊娠中の女性にとても重要だといわれている、カルシウムやミネラル、鉄などの栄養素も高配合されていて、しかも無添加なので安心して使用することができます!

 icon-arrow-down 妊婦さんに必要な栄養素がぎっしり!国内生産で安心安全のサプリが人気です♪
妊活・妊娠中・産後までサポート 【BABY葉酸~ママのめぐみ~】

ピックアップ記事

関連記事一覧