動脈硬化予防法!悪玉と善玉のコレステロールをコントロールする方法

動脈硬化予防
テレビで話題の健康情報

いろいろな理由で起こる脳血管障害の中でも、メタボリックシンドロームが原因で起こりやすいのが、動脈硬化による脳梗塞で、脳の血管に血栓が詰まって障害が起きる病気です。

 icon-square 動脈硬化は生死に関わる病気の引き金になります

動脈硬化で脳梗塞が起こりやすくなります。
実は脳梗塞には前兆があって、多くが、ろれつが回らないとか、よだれが垂れてくるなどの、明らかに普通と違う症状が見られます。

また動脈硬化は、心筋梗塞も引き起こします。
心筋梗塞にも前兆があって、虫歯がないのに左の奥歯が痛むとか、朝起きたときから左肩が痛むとか、胸焼けがするなどの症状があります。

 icon-square 動脈硬化の原因は、悪玉コレステロールor善玉コレステロール?

善玉とか、悪玉とかいわれているコレステロール。
そもそもコレステロールは、1種類しかありません。
悪玉と善玉の違いは、血液中でのコレステロールの運ばれ方で、名前が違うのです。

肝臓で作られるコレステロールは、はじめは悪玉でも善玉でもないのですが、そのコレステロールが血液によって全身の組織に運ばれるとき(行き)、LDL悪玉コレステロールと呼ばれます。
一方、体の中で使い切れずに余ったコレステロールが肝臓に戻るとき(帰り)、HDL善玉コレステロールと呼ばれるのです。

ナント、同じコレステロールが、【行き】と【帰り】で呼び方が変わっているということなのです。

なぜ悪玉or善玉コレステロールと呼ばれるか?

動脈硬化とは、血液中のコレステロールなどが血管壁の内部にたまり、アテロームというやわらかい塊が形成されるため、血管の内膣(内側)が狭くなって、血管が硬くなった状態のことです。

動脈硬化のことを、「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)にご用心! 夏前に痩せたいダイエッターの教科書 Vol.2」では、こう説明しました。

血管コレステロール左の図のように、血管内にあふれたコレステロールが、血管の内部に溜まってしまうのです。

そこで、「行き」のLDLコレステロールが多いと、血液中のコレステロールが使い切れずに余ってしまい、血管に溜まりプラーク(塊)となって、動脈硬化を促進してしまうことから、【悪玉】コレステロールと呼ばれています。

「帰り」のHDLコレステロールは、血液中に余ったコレステロールを肝臓へ戻すので、血液中のコレステロールが減り、動脈硬化を予防することができ、【善玉】コレステロールと呼ばれているのです。

そのコレステロールの基準値は、悪玉・善玉それぞれ以下の通りです。

  • 悪玉コレステロール 70~140(mg/dl)
  • 善玉コレステロール 40~100(mg/dl)

悪玉コレステロールは全身に運ばれていくために多いのですが、善玉コレステロールは、使われなかったコレステロールの、余りを回収しているため数値が少ないのです。

基準値内に入っている人でも、動脈硬化を起こす人がいる!

コレステロールの数値が基準値内に入っていても、悪玉コレステロールが、善玉コレステロールの2倍以上ある人は、動脈硬化などの病気につながる可能性が高い人です。
そして、その状態が続くと、血管にプラークができて動脈硬化になる危険が高くなります。

その理由は、【運動不足】と【動物性脂肪のとりすぎ(肉の食べ過ぎ)】です。
日頃運動が足りていないと感じる方や、野菜よりお肉の方をよく食べる人は要注意ですね。

 icon-square 悪玉コレステロールを減らすのに効果的な運動とは?

プランク運動善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールを減らすのに効果的な運動とは、【歩くこと(ウォーキング)】と【プランク体操】です。

プランク体操とは、体感のインナーマッスルを鍛える体操のことです。

プランク体操で体感を鍛えることにり、筋力がつき基礎代謝が上がります。
すると姿勢がよくなり、手足の動きが楽になることで、ウォーキングなどの有酸素運動がより効果的になるそうです。

プランク体操のやり方

  • 腕を直角に曲げてうつ伏せて寝る(つま先を立てる)
  • 頭の先とかかとを一直線にする 1日1回1分間行う
  • 最初10秒から徐々に増やしてもいい

悪玉コレステロールを低く保つ方法とは?

悪玉コレステロールを下げるのに効果のある食品は、コレステロールを溶かし、血液の流れをよくするレシチンを含んだ食品がとても有効です。

その食品とは、ズバリ!【お豆腐】です。

お豆腐を勧める理由は、お豆腐の原料である大豆に含まれる栄養素には、レシチン、イソフラボン、大豆タンパクなどが豊富に含まれていて、悪玉コレステロールを下げるのに効果の高い成分が多いからです。
お豆腐を食べる目安としては、1日半丁程度が手頃で食べやすい分量だということです。



まとめ

悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やすために日々心がけることとは……

  • 1日30分程度のウォーキング
  • 1日1回 プランク体操 1分間
  • 悪玉コレステロールを減らすために、1日豆腐半丁を毎日食べる

さ~、早速今日からチャレンジしま~す!

ピックアップ記事

関連記事一覧