• HOME
  • blog
  • 愛犬が自分の手足を噛む・舐める理由とは? 毛が抜ける前に原因を探して対策をしよう!

愛犬が自分の手足を噛む・舐める理由とは? 毛が抜ける前に原因を探して対策をしよう!

犬 足 舐める 噛む はげる やめさせる

愛犬が自分の手足を噛んだり・舐めたりして、「どうしたのかな?」と気になった経験はありませんか。
ただ遊んでいるだけ、毛づくろいをしているだけと、誤解をしてしまう飼い主さんがいますが、犬が手足を噛む・舐めるという行動には、犬の意外な気持ちや病気が潜んでいることもあるのです…。

犬が自分の手足を噛む・舐めるときの2つの理由

ストレスが溜まっている

犬が手や足を噛んだり舐めたりする理由は、主にストレスと病気の2つが考えられます。

私は足を噛みすぎて、毛がはげてしまった犬の世話をしたことがあるのですが、その子が足を噛んでいた原因はストレスでした。

犬 足 舐める 噛む はげる やめさせるそこで、おもちゃを使って遊ぶ時間を増やしたり、その犬と関わる時間を増やしたところ、症状は改善していきました。

その子は、毛がはげてしまったため、獣医さんから処方された薬を塗る必要があり、私はこのようになる前に、何か対策ができなかったのかと残念な気持ちになりました。

このように、愛犬が足を噛んでいると、「遊んでいるのかな・気分転換なのかな」と、軽い気持ちで放っておいてしまう飼い主さんがいますが、ストレスが原因のときは、早めに対策することが重要です。


 icon-check-circle 散歩の時間が足りない(運動不足)

 icon-check-circle 遊ぶ時間が少ない

 icon-check-circle 留守にすることが多く愛犬が寂しい思いや不安な思いをしている

 icon-check-circle 犬がぼーっとしている暇な時間が多い(ケージにずっと入っている)

 icon-check-circle 飼い主さんとのコミュニケーションが不足している

ストレスが原因の場合は、噛んだり舐めることが癖になってしまっていることがあります。

また、飼い主さんの目が届く近いところで噛んでいるときは、飼い主さんの気を引こうとしていることもあるので、どんなときに噛んでいるのか観察してみてください。

皮膚炎やアレルギーなどの病気

犬 足 舐める 噛む はげる やめさせる
ストレスのほかに、病気が原因で噛む・舐めるという行動をすることがあります。

病気のときは、皮膚炎・アレルギーなどが考えられます。

皮膚炎(指間炎)

手足を噛む・舐めているときに、その部分に腫れや赤み、傷がないかを確認してください。

犬が噛んでいる足を飼い主さんに触らせてくれないときは、痛みやかゆみなどによる、病気が潜んでいる可能性があります。

外傷・ストレス・やけどが引き金となって、肉球や指と指の間が赤く腫れる指間炎という病気があります。

炎症があるところを噛んでしまうと、細菌が繁殖して、化膿・出血し症状が悪化することがあります。

しつこく足を噛んだり・舐めたりしているときは、異常がないかを確認して、気になることがあれば早めに動物病院に受診しましょう。

アレルギー

犬 足 舐める 噛む はげる やめさせる
アレルギーによって、かゆみがあるときにも、患部をしきりに舐めるなどの行動がみられます。

赤い発疹があり、下痢や嘔吐などの症状がある場合は、速やかに獣医さんに診てもらいましょう。

また、シャンプーの回数が多かったり、洗い残しがある場合にも、かゆみから舐めたり掻いたりすることがあります。

犬のシャンプーの理想頻度は、月に1~2回です。シャンプーをするときには、体と手足に石けんの洗い残しがないか注意してください。

そのほかの痛みや怪我がある

皮膚炎・アレルギーのほかにも、怪我をしていたり、爪が割れている、腫瘍などがあるときにも、噛んだり・舐めたりすることがあります。

犬は、指先などを触られることを嫌がる子が多いですが、炎症などを起こしていないか、腫瘍などの気になる腫れがないかを確認するためにも、日ごろから手足のチェックをすることも大切です!

ストレスで手足を噛む・舐めるときの対策法

遊びの時間・運動時間を増やしてみよう!

ストレスが考えられる場合は、運動(散歩・一緒に遊ぶ)する時間を増やしてみてください。

犬は、運動不足になってストレスが溜まると、噛むことのほかにも問題行動を起こすことがあります。

犬 足 舐める 噛む はげる やめさせる飼い主さんがお仕事などで家を空けていて、自分だけで寂しい思いをしてしまっていることもあるので、一緒に過ごす時間があるときは、愛犬をたくさんかわいがってあげてください!

噛むことが癖になってしまっているときは、手足ではなく噛んでストレスを発散できるおもちゃを使うこともおすすめです。

引っ張りっこが好きならロープ、中におやつを詰め込むことができる知育玩具や、歯磨きにも対応している噛むタイプのおもちゃなど、愛犬が好きなタイプのおもちゃを噛んで、楽しく遊んでもらえるようにするといいかもしれません♪

 icon-asterisk 歯磨きタイプのおもちゃは、噛んで剥がれ落ちたものを食べてしまうことがあるので、牛皮など食べても害のない歯磨きガム・おもちゃがおすすめです。

関連記事一覧