悪玉コレステロール値は怖くない!もっと怖い酸化悪玉コレステロール!VOL.2-2

酸化防止食材
テレビで話題の健康情報

悪玉コレステロールよりも怖いのは、酸化した「酸化悪玉コレステロール」だと、前回の記事でご紹介しました。
その続きとして、その酸化悪玉コレステロールを防ぐ食財をご紹介します。

 icon-square 酸化悪玉コレステロールを防ぐ(体の酸化を防ぐ)2大抗酸化食材

それでは、体の酸化を防ぐ食品を見ていきましょう。
それは、普段の食事から摂取することによって、私たちの体の酸化を防ぐことが出来る食材です。

1.赤い食材

と後体の酸化を防ぐことが出来る食材は、トマト、パプリカ、プチトマト、レッドキャベツなどの、赤い色をした食材です。 

野菜は、太陽光の紫外線を浴びて赤くなります。
トマトなどの赤い野菜は、太陽の紫外線で自分自身が酸化しないように、赤い色素で自分の体を守っているからです。
パプリカや赤レッドキャベツなども同じで、この赤い色素は非常に酸化を防ぐ力が強いのです。

ところが、人間はこの赤い色素を体内で作ることが出来ないので、毎日のように摂取する必要があるのです。

これらの食材を食べると、血液中で赤い色素が活性酸素を消してくれるため、悪玉コレステロールになるのを防ぐことができます。
赤い色素を目印に食材を選んで食べることが、体の酸化を防ぐ一番いい方法(防御法)です。

また赤ワインのポリフェノールも、酸化を防ぐ赤い色素です。

赤い色素の中でも、トマトに多く含まれているリコピンという色素が、非常に酸化を防ぐ作用が強い色素です。
リコピンを継続して食べていくと、体の中の酸化が少しずつ防げるのです。

特にトマトの中でも濃い赤の「プチトマト」に、リコピンがたくさん含まれています。
そのリコピンの含有量は(重さ100g中)、普通のトマトの 3.9mgに対して、プチトマトは6.2mgと、実に約1.6倍の量になります。
またリコピンは、皮と、皮の直下に含まれているため、皮ごと食べることが重要です。

摂取する量の目安は、プチトマトなら1食に5個程度でOKということですから、1日の合計は15個です。
15個ぐらいであれば、そんなに苦にならずに食べられる量ですね。

リコピンのお勧めの食べ方は?

リコピンをたっぷりとる方法として有効なのは、完熟したプチトマトを使ってソースを作ることです。
ソースにしてあれば、いろいろな食材にかけて食べることが簡単に出来てお手軽です。
また、リコピン自体は、カロテノイドという色素で熱に強いため、熱しても大丈夫だからです。

 icon-cutlery 完熟プチトマトソースの材料と作り方
○──────────────────────────────────────────────────○
 icon-paperclip 材料 プチトマト・タマネギ・オリーブオイル・ローリエ・トマトジュース・ニンニク
○──────────────────────────────────────────────────○
・みじん切りにしたニンニクとタマネギを、オリーブオイルでアメ色になるまで炒める。
・刻んでおいたプチトマトと、トマトジュースを入れる。
・ローリエを加えて中火で煮込む
・火が通りトマトが柔らかくなったら軽くつぶし、さらに中火で煮込む
・ブラックペッパーなどで味を付けて、とろみが出たら完成
 肉料理やお魚料理にかけて食べる。

2.日本人の朝の定番、最強の抗酸化食材

サケもう一つ、体の酸化を防止する食材は、ズバリ【サケ】です!
サケは、最強の酸化を予防する食材なのです。

その理由は、サケにはアスタキサンチンという物質が多く入っていて、酸化を防ぐ力はビタミンEの500倍以上もあります。
そのアスタキサンチン は、アンチエイジングにも使われている栄養成分として、今大変注目を集めています。

サケの食べ方のポイント

体の酸化を防止するためには、サケを少量ずつでもいいので、毎日食べることが大切です。

サケのお勧めの食べ方としては、サケの缶詰です。
サケ缶のメリットはたくさんあります。

サケ缶のサケは、捕れたてのサケをすぐに加工するので、酸素に触れる時間が短いため、アスタキサンチンが分解されにくいからです。
また缶詰は空気に触れないため、それ以上酸化しないという利点もあります。

中でも、紅サケの缶詰は、アスタキサンチンが多いのです。
また、塩鮭に比べると、塩分が抑えられているため、高血圧などで塩分の摂りすぎを気にしている人にもお勧めです。

注意点としては、アスタキサンチンは缶詰で保存しているうちに、身から溶け出てくることがあるため、汁ごと摂取することです。

 icon-cutlery 汁まで取れるサケ缶料理と作り方
○──────────────────────────────────────────────────○
 icon-pencil その1.サケ缶の炊き込みご飯
○──────────────────────────────────────────────────○
炊飯器にサケ缶を汁ごと入れて炊く(米2合にサケ缶1缶が目安)
ちょい足しに、米油大さじ1杯をいれる。
好みで、ショウガ、鶏ガラスープ小さじ1/3を加える。
アスタキサンチンは油に溶けやすい性質があるため、体に吸収しやすくなります。
○──────────────────────────────────────────────────○
 icon-pencil その2.万能サケ缶そぼろ
○──────────────────────────────────────────────────○
中火で熱したフライパンにサケ缶を汁ごと入れる。
好みの大きさにほぐし、3~4分熱を加えて水分を飛ばし、米油大さじ1杯を入れる。
風味付けにゴマを入れ、好みで黒胡椒をいれる。
ご飯などにかけていただきます。

酸化悪玉コレステロールを増やさないためにも、これらの酸化防止食材は、毎日摂取するように心がけましょう!


ピックアップ記事

関連記事一覧