• HOME
  • blog
  • 花を楽しむ
  • 母の日に作りたい!プリザーブドフラワー初心者レッスン-お花のワイヤリング

母の日に作りたい!プリザーブドフラワー初心者レッスン-お花のワイヤリング

プリザーブドフラワーレッスン01
花を楽しむ

ステキなプリザーブドフラワーは、母の日の贈り物や結婚祝いなどにピッタリです。
プリザーブドフラワーは扱いがそんなに難しくないので、簡単なアレンジなら誰でも作ることができます。
今年の母の日は、是非プリザアレンジにチャレンジしてみてくださいね!

 icon-square プリザーブドフラワーのワイヤリング|クロスメソット

プリザーブドフラワーのアレンジにチャレンジするとき、最初に苦労するのがバラなどのお花のワイヤリングです。
ワイヤリングとは、花首しかないプリザーブドフラワーに、茎となる部分をワイヤーで作ること。

お花のワイヤリングの方法はたくさんありますが、初めての方が比較的簡単にできる方法が、クロスメソットというワイヤリング方法です。

それでは、アレンジの時に必要な道具や材料をご紹介します。
 ・ワイヤーを切ることができるはさみ
 ・プライヤー(ワイヤーを曲げるときなどに使います)
 ・地巻きワイヤー(白や緑の紙が巻き付けてあるワイヤー)
 ・裸ワイヤー
 ・フローラルテープ(白や緑色の伸びる紙のテープ)
 ・先の細いピンセット
 ・花器や花材
 ・フローラルフォーム(アレンジをするときに花を挿す土台になるもの)
 ・リボンなどの副資材

まず最初に、箱からそっとお花を取り出してください。
次に、アレンジやブーケの大きさに合わせて、花の茎の長さを決めます。
その長さ分の、倍の長さの裸ワイヤーを2本用意します。

ところで、ワイヤーにはたくさんの太さのサイズがあって、どの太さを使ったらいいのか、初心者さんには???がいっぱいです。
ワイヤーには「#」のついた番号表示が必ずあります。
「#26」とか「#30」とかです。数字はすべて偶数です。

この数字が大きくなるほどワイヤーが細くなります。
例えば「#20」のワイヤーはかなり太くて、切ったり曲げたりするのに大変です。
逆に「#30」のワイヤーはとても柔らかくて、デリケートな花や葉のワイヤリング、また長さのあるグリーン類(柔らかいソフトアスパラやワイヤープランツなど)をアレンジするときに形を整えるために使います。

プリザーブドローズをワイヤリングするための準備

用意するワイヤーは「裸ワイヤー(45cm)」で、大きめの花の場合は#24を、小さめの花の場合は#26が最適です。
刺す茎の太さに合わせて選びます。
初心者さんは、使い回しが効く「#26」を用意して使ってみましょう。

プリザーブドフラワーでの生花のような高さのあるアレンジは、初心者さんには難しいので、最初はあまり茎を長くしないアレンジをしてみると良いですね。

茎を作るための裸ワイヤーは、お花1輪に対して2本用意します。
裸ワイヤーは長さが45cmのサイズが一般的ですから、今回はこの45cmのワイヤーを半分に切って2本にして、1輪のバラをワイヤリングします。

ポイントは、2本にワイヤーを切り分けるときに斜め45度に切ることです。
そうすることで、花の茎にワイヤーが刺しやすくなります。
ワイヤーを切るときは、斜めにカットすることを忘れないようにしてくださいね。
それでは、実際にバラをワイヤリングしてみましょう。

 icon-square クロスメソットにチャレンジ♪

(写真をクリックすると拡大して見ることができます)
クロスメソッド01
1本目のワイヤーを、先のとがった方からバラの茎部分の上側に刺します。
2本目は、1本目のワイヤーより少し下側(3~5mmほど離します)にクロス(十字に)するように刺します。
このときバラは茎の部分が上に来るように、花を下に向けて茎を持つと刺しやすいです。

クロスメソット_02
刺したワイヤーは、それぞれ茎に沿わせて下に折り曲げます。
花を壊さないようにそっと茎をつまんで折り曲げてくださいね。

クロスメソッド_03
折った裸ワイヤー部分を隠すために、粘着性のある緑のフローラルテープを使います。
テープの色は、アレンジの目的(デザイン)によって使い分けます。
テープを少しはがし、5cmぐらいの長さを両指で持って軽くのばします。

クロスメソッド_04
のばしたテープの端を、折り曲げたワイヤーのうちの1本に、写真のようにテープが斜めになるように折り込み(引っかける)ます。
ワイヤーに引っかけることで、テープを引っ張ったときに外れにくくするのです。

クロスメソッド_05
テープはのばしながら、そのまま茎に巻き付けていきます。
テープを花の真下まで巻き付けたら、そのまま横に1~2回ギュッと巻き込んでしっかりテープを貼り付けるようにします。

クロスメソッド_06
今度は、写真のように親指でテープの端を軽く押さえて、テープの向きを下側に変えます。

クロスメソッド_07
フローラルテープを巻き上げたときと同じようにテープをのばしながら、今度は斜め下側に巻き付けていきます。
テープはのばすことで粘着力が出るように作られているので、テープはたるみのないようにちゃんとのばして巻き付けましょう。

クロスメソッド_08
下までしっかりと巻き付けられましたか?
最初はテープの扱いも難しいかと思いますが、しっかりとのばして巻くということを意識してください。
あとは、何回も練習するのみですね!^^

プリザ初心者さん参考ページ
プリザーブドフラワー初心者レッスン-葉っぱのワイヤリング
プリザーブドフラワー初心者レッスン-クリスマスリースの作り方

◆プリザレッスンにオススメの本◆
【プリザーブドフラワー・テクニックブック】 ドライとアーティフィシャルを使ったトリニティアレンジメント
【プリザーブドフラワー・テクニックブック2 】 器別アレンジメント&花別ウエディングブーケ

 icon-comment Kazuちゃんのつぶやき……

アレンジの最初の難関ワイヤリング。
特にテーピングの出来不出来によって、次の作業(アレンジ)が楽にできるかが決まります。
しっかりワイヤー部分を押さえながら、そして、テープをのばしながら巻き付けるよう練習ましょう!

ピックアップ記事

関連記事一覧