りんごを食べると唇がかゆくなったり赤く腫れたりませんか? それは花粉症の人がなりやすいアレルギーかも?

リンゴアレルギー
健康を守る食の情報

秋の花粉も飛び始めた、今日この頃・・・。
リンゴを食べているとき、私れいちゃんは唇がかゆいことに気がつきました!
私も大好きなリンゴなどの果物も、アレルギーの原因物質になるのでしょうか!?

 icon-square 花粉症の人に多い2つのアレルギー

フルーツや野菜もアレルギーの原因になります

リンゴアレルギー秋の花粉(ブタクサやヨモギ)も飛び始めて、目やくしゃみが出始めている方も多いのではないでしょうか?

私は、犬アレルギーや花粉症などの様々なアレルギーがあるのですが、最近リンゴを食べていて突然唇がかゆくなりました。

気になって果物のアレルギーについて調べていると、野菜や果物でもアレルギーを発症してしまうことが分かってきました!
花粉症の人がフルーツ・野菜・ナッツなどを食べた時に、15分以内に口の中や唇の違和感やしびれ、顔面の腫れなどの症状になることを口腔アレルギー症候群といいます。

リンゴアレルギー花粉症の原因となるアレルゲンと、フルーツなどに含まれるタンパク質の構造が似ているため、口腔アレルギー症候群を発病します。

口腔アレルギー症候群の症状は、口の中のイガイガやかゆみだけでなく、嘔吐や腹痛、胃炎も起こすこともあります。

さらに、口腔アレルギー症候群はアナフィラキシーを起こすこともあります。
アナフィラキシーとは、アレルギーの原因となる物質を摂取した後に、血圧の低下や意識の低下があらわれ、呼吸困難に陥ることのある危険な症状です。

マカデミアンナッツアレルギー症状を誘発しやすいフルーツには、リンゴ・キウイ・モモ・メロン・サクランボ・マンゴー・グレープフルーツなどがあります。
野菜では、セロリ、ニンジン、トマト、ジャガイモ、ナッツ類では、アーモンド、ピーナッツ、クルミ、ココナッツなどが同様の症状を引き起こしやすいとされています。

ちなみに私の父は、マカデミアンナッツでアナフィラキシーを発症し、顔は「お岩さん」以上の見るも無惨な腫れ方で、息も絶え絶えに救急病院へ駆けつけたことがあります。
まさか!と思う大好物のマカデミアンナッツで、突然アナフィラキシーを発症したことに、父は相当ショックを受けたようでした。

口腔アレルギー症候群の患者さんはラテックス・フルーツ症候群も要注意

植物のゴムノキから抽出されるラテックスも、アレルギーの原因物質になります。
ラッテックスアレルギーの患者さんは、外科医や歯科医・看護師など、日常的にゴム製品を多く使用する職種に、特に多い傾向があります。

ラテックスアレルギーがあると、特定の果物の摂取でアレルギー症状が出るラテックス・フルーツ症候群になることがあります。
ラテックス・フルーツ症候群を誘発しやすいフルーツは、アボカド・バナナ・キウイ・イチジク・メロン・マンゴーなどがあります。

 icon-square 花粉症の人は果物アレルギーにもなりやすい?

花粉症の人が果物アレルギーになりやすい理由

杉花粉アレルギー口腔アレルギー症候群やラテックス・フルーツ症候群は、アレルギー反応を持つ花粉の構造と、同じ構造を持つ果物や野菜を摂取することで発症すると言われています。

そのため、花粉症の人はこの2つのアレルギーも、引き起こしやすいと考えられています。

私が大好きなりんごを食べて、唇がかゆく赤くなってしまったりんごアレルギー。
そのリンゴアレルギーを発症している方の多くが、花粉症にもかかっているそうです。

果物アレルギーを予防するには

リンゴアレルギー果物アレルギーの場合は、果物を摂取して喉や口の中などの粘膜に触れないかぎりは発症しません。
そのため、アレルギーを防ぐためには、アレルギー源となる野菜や果物の摂取をしないことが重要です。

このようなアレルギーは、風邪をひいていたり、寝不足や疲れ、女性は生理の前後などには、免疫系のバランスも乱れやすくなっているため、特に注意が必要です。

呼吸困難、意識がもうろうとするなどの重篤な症状があらわれたら、すぐさま総合病院の救急外来を受診しましょう。
アナフィラキシーショックの場合は、一刻も早い処置が必要です。

ピックアップ記事

関連記事一覧